部分痩せには肪溶解注射がおすすめ|要らない脂肪よ、さよなら

ダイエット

スリムになれる美容整形

脂肪細胞の除去

お腹

脂肪吸引手術は美容整形手術のひとつで、肥満体型や下半身太りなどを解消できる手術です。皮膚を数センチ切開してからカニューレを呼ばれる細い管を脂肪がついた部分に挿入し、脂肪細胞を吸引していきます。 ダイエットでは落ちにくい頑固な脂肪も、脂肪吸引手術をすればしっかり落とすことができます。ダイエットをしても脂肪細胞が減ることはありませんが、脂肪吸引手術は脂肪細胞そのものが減るのでリバウンドすることがなく、同じ体型を維持できます。 手術時間は60分ほどで、全身麻酔または局所麻酔で行います。手術は日帰りでできて、術後は腫れを予防するため患部にサポーターを巻く必要があります。一週間後に抜糸があり、腫れは一カ月ほどで引きます。

最新のスマートリポ

脂肪吸引手術とひとくちに言っても手術の方法にはいくつかあります。最新の「スマートリポ脂肪吸引」は、「ヤグレーザー」を患部に照射して脂肪吸引をする手術です。カニューレを通してヤグレーザーを照射することで、脂肪細胞が溶解されて脂肪が除去しやすくなります。硬い脂肪もしっかり除去できて、むらなくきれいに仕上がります。 スマートリポ脂肪吸引で使用するヤグレーザーには止血効果があります。毛細血管を傷つけても止血しながら吸引できるので、術後の腫れや内出血が少ないのが特徴です。また、真皮にあるコラーゲンやエラスチンを増やす効果もあるため、脂肪がなくなった部分の皮膚にハリがでて、術後の皮膚のたるみを予防できます。